セルフクリーニングのコインランドリー

最近、コインランドリーを使う人は大量の衣類を洗ったり、毛布を洗ったりする人とか。野球部のユニフォームをみんな分洗うマネージャーっていうイメージある。
後は、家族の洗濯物が乾かなくて、乾燥機だけを使うって人々も増えてるみたいだけど。洗濯機は家にあるから、家で洗えないものをコインランドリーで洗うっていうのが今の使い方なんだろうな。
私は昔、風呂なしのアパートに住んでいたことがある。洗濯機もなかったので銭湯に行ってるついでに、コインランドリーで洗濯をしていた。
大体一回分洗うのに100円~300円(ドラムの大きさによる)かかって乾燥機にかけたら10分100円って感じだったな。
乾燥するのも、10分では乾かないから30分くらいはかけたものです。
私が住んでいた町は、若者の多い町で風呂なし物件のアパートも多かったからコインランドリー利用者も結構いたと思う。
使おうと思ったら、すごく汚れてたり。前につかった人が忘れていった洗濯ものがはいっていたこともあった。洗剤もってくるのを忘れて、買わなきゃならないでも、お金が足りない!とかもあったなあ。
コインランドリーには、洗剤の他に柔軟剤も売ってた。販売機で。
洗濯機が故障したりしてた時も、たまにあって。いつも使っていた場所の乾燥機が使えないと、なんかテンション下がったりもしていた。
機械なんだけど、それぞれの癖みたいなものあったりしてさ。
乾燥機は、入れすぎると全然乾かないし、タオルとかが乾くと、かなり静電気が起こる。取り出すときに、覚悟してとってたっけ。
洗濯するときは、洗濯物を入れてきた袋やバックを洗濯機の上に置いておくんだけど(使ってますの合図みたいに)。
洗濯してたことをすっかり忘れて、時間がたってからとりにいったら、置いといた袋に無造作に濡れたままの服が入っていたこともあった。
あちゃ、すみませ~んって思いながら・・・きっと使いたい人がいたんだろうな~誰だったのかな?って気になりながら干してたら、ゲゲっ下着も入ってた~!!ってあせってみたりもしたけれど。けして盗まれることはなかったのね~。いいのか?わるいのか?(いいんですがね笑)

取り出してみてから、やっぱりシミは落ちてないやとか思ったりね。そんなときはクリーニングのしみ抜きに出そうかと御思うんだけど、お金がもったいないから我慢してみたりとかね。

最強きもいダニ

先日ダニの特集をしていたTV番組を見た。ダニって洗濯とか、日向に干していれば死ぬもんだと思ったら実は違ってた。

ダニって、洗濯しても、太陽の当たっている日向に長時間干されてても、活発に動いていた。きもい。

じゃあダニはどうやって退治するのか?先生曰く、「掃除機でゆっくり吸ってください。それ以外は効果がほとんどないです。」

まじかよ~!めんどくさ!!

しかも意外とダニの多いとこって、ソファーとか椅子に置いてある座布団みたいです。

クッションが椅子にくっついてるタイプは掃除機以外方法なしみたいで、先生曰く、「とにかく、掃除機を・・・」だそうです。

ダニって結構手強いんだなと思った。フンとか死骸もアレルギーの原因になるらしいし。撲滅したいと思ってるけど、その道は結構厳しそうです。

そんなさなか、現在の私の部屋は元々妹が使っていた部屋で、1年ほど実家を空けてた妹が帰ってくることになりました。

移動した理由は残された猫の面倒を見るためだったのですが、今では懐いてくれて可愛い子です。

戻ってくると決まったので昔の部屋の掃除をはじめたのですが懐かしい物が出てくる出てくる。10年前くらいのプリクラや写真が出てくる出てくる。恥ずかしい思い出いっぱいです。

部屋を移動してから購入した家具などもあるのでどう移動しようかと考えつつ置き去りだった衣類などの処分をしました。

おおまかな掃除は終わっているので、残りは床掃除をしてからゆっくり物を移動することぐらいですかね。

あとは猫の面倒をどちらがするのかも決めなければならないし、部屋の引越し後も色々問題はありそうです。

できれば暖かいので冬だけ猫を貸してもらいたいな・・とか。

Movable Type 4 へようこそ!

| コメント(1)

このブログ記事は、Movable Type 4のインストール完了時に、システムによって自動的に作成されたブログ記事です。 新しくなったMT4の管理画面で、早速ブログを更新してみましょう。

最近のコメント

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。