セルフクリーニングのコインランドリー

最近、コインランドリーを使う人は大量の衣類を洗ったり、毛布を洗ったりする人とか。野球部のユニフォームをみんな分洗うマネージャーっていうイメージある。
後は、家族の洗濯物が乾かなくて、乾燥機だけを使うって人々も増えてるみたいだけど。洗濯機は家にあるから、家で洗えないものをコインランドリーで洗うっていうのが今の使い方なんだろうな。
私は昔、風呂なしのアパートに住んでいたことがある。洗濯機もなかったので銭湯に行ってるついでに、コインランドリーで洗濯をしていた。
大体一回分洗うのに100円~300円(ドラムの大きさによる)かかって乾燥機にかけたら10分100円って感じだったな。
乾燥するのも、10分では乾かないから30分くらいはかけたものです。
私が住んでいた町は、若者の多い町で風呂なし物件のアパートも多かったからコインランドリー利用者も結構いたと思う。
使おうと思ったら、すごく汚れてたり。前につかった人が忘れていった洗濯ものがはいっていたこともあった。洗剤もってくるのを忘れて、買わなきゃならないでも、お金が足りない!とかもあったなあ。
コインランドリーには、洗剤の他に柔軟剤も売ってた。販売機で。
洗濯機が故障したりしてた時も、たまにあって。いつも使っていた場所の乾燥機が使えないと、なんかテンション下がったりもしていた。
機械なんだけど、それぞれの癖みたいなものあったりしてさ。
乾燥機は、入れすぎると全然乾かないし、タオルとかが乾くと、かなり静電気が起こる。取り出すときに、覚悟してとってたっけ。
洗濯するときは、洗濯物を入れてきた袋やバックを洗濯機の上に置いておくんだけど(使ってますの合図みたいに)。
洗濯してたことをすっかり忘れて、時間がたってからとりにいったら、置いといた袋に無造作に濡れたままの服が入っていたこともあった。
あちゃ、すみませ~んって思いながら・・・きっと使いたい人がいたんだろうな~誰だったのかな?って気になりながら干してたら、ゲゲっ下着も入ってた~!!ってあせってみたりもしたけれど。けして盗まれることはなかったのね~。いいのか?わるいのか?(いいんですがね笑)

取り出してみてから、やっぱりシミは落ちてないやとか思ったりね。そんなときはクリーニングのしみ抜きに出そうかと御思うんだけど、お金がもったいないから我慢してみたりとかね。

このブログ記事について

このページは、れっつくりんが2013年12月19日 16:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「最強きもいダニ」です。

次のブログ記事は「パスタソースがついたワイシャツをクリーニングに出しました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja